勉強して将来に役立てる|社会的に地位の高い公認会計士資格も取れる

通信講座を利用しよう

ペン

作文や感想文と違い、小論文の書き方にはポイントがあります。しかし小論文の書き方は難しくなかなかうまく書けません。そこでおすすめは通信講座の添削指導です。添削指導を受けると小論文の書き方がわかるようになるので自信もついてくるものです。

読んでみよう

合格できる志望理由を

ペン

志望理由書は、大学の特徴をふまえて、志望者の個性と大学の良さが合致していることをアピールするものである。志望理由書が良ければ合格できることもあるので、添削してくれる通信講座などを利用して、より良い志望理由書を仕上げるべきだ。

読んでみよう

難関資格ではない

めがねと本

常に高いレベルでの意識

公認会計士とは、主に企業の財務諸表を第三者の立場から監査(チェック)し、これを利用して投資や融資を行う利害関係者を保護することを生業とする職業です。それ故に高度でかつ専門的な知識を必要とするため、公認会計士の資格試験は高難易度とされ、一般的には専門学校などに通いながら2〜3年勉強してはじめて、合格レベルまで到達できるとされています。しかし、近年では試験制度の改正や、合格者を増加させる傾向などから、難易度が年々下がってきているとされ、試験のコツをつかむことによって合格しやすい環境になってきています。ただし、それでも高度で専門的な知識を必要とすることには変わりはないので、将来自分が会計のプロになるという高い意識は常に持っておき、高いレベルでの合格を目指すようにすることは忘れてはなりません。

効率よく勉強ができる

公認会計士を目指すのであれば資格取得は必須となります。そのためには、予備校などに通ってきちんと知識を学ばなければなりません。しかし、中には仕事をしていて通う暇がなかったり、近くに適した予備校がないという人も中には沢山います。そのような場合には、通信講座が最適です。通信講座では、予備校と同じようにプロの講師が基礎から合格までの勉強をきちんとサポートしてくれます。また、自分のペースに合わせて効率よく勉強ができることも魅力の1つとなっているのです。受講料も予備校に比べて比較的安いため、効率よく公認会計士を目指したいと考えるのであれば、一度通信講座を利用してみるとよいでしょう。

安価で多く学べる

PCを操作する女性

通信による専門学校の利用における最大のメリットとして、時間的・経済的な負担を抑えることが可能になる点が挙げられます。そして、近年では通信による受講でも、普通に校舎に通う方法と同等のサービスやフォローを行う所が増えてきました。このような点から、多くの人に勉強の機会を平等に与える役割を果たしています。

読んでみよう