勉強して将来に役立てる|社会的に地位の高い公認会計士資格も取れる

通信講座を利用しよう

ペン

入試にも有利です

大学入試や会社の入社試験で小論文が必要な場合があります。しかし「小論文が苦手。」という人も多いのではないでしょうか。これまで作文や感想文といったように文章を書く機会は多かったはずですが小論文は少し書き方が違うので難しいと感じている人も多いのが現状です。例えば大学入試では大学によっても学部学科によっても違います。ですから一様にいかないのが小論文の難しいところです。また、一般の試験と違い解答がないのも難しさを感じる理由になっています。ですから数をこなしても正解がないので自分が書いた文章が果たして正しいのかどうかも判断できないのが実情です。そこで誰かに添削指導をしてもらう必要があります。添削のプロに見てもらうのが一番のおすすめです。

通信講座で書き方指導を

しかし自分が書いた小論文を添削してもらうにしても、試験に合格できるラインの文章を書くにはプロの力を借りる必要があるでしょう。もし身近に小論文の添削をお願いする人がいない場合には、通信教育を利用する方法もあります。通信講座では過去の大学入試で出題された問題を元に小論文の書き方を練習することができますし、ポイントとなる事柄をきちんと抑えて書く練習をさせてもらえます。小論文は書く回数をこなすことで書く力が身につくものです。その都度添削をしてもらうことにより、小論文の書き方やポイントがわかり試験でどんな問題が出題されても書くことができる力が身につくのです。ぜひ通信講座の添削指導を利用してみてはいかがでしょうか。