勉強して将来に役立てる|社会的に地位の高い公認会計士資格も取れる

合格できる志望理由を

ペン

志望理由に必要なこと

志望理由書とは、大学入試の際に、何故その大学を志望しているのかを述べた書類である。大学によっては、その書類と高校時代の成績や実績だけで合格判定を下すところもあり、志望理由書の重要度は高い。ただし、各大学によって求めてくるものが違うので、それぞれの大学の傾向や、その大学が売りにしていることを正確に把握しなければならない。ここでまず、分析力が必要となる。更に、自分が志望する大学が魅力的だということだけを述べるのではなく、その大学が、自分にあっているのだという主張も必要だ。ただ単に憧れているのではなく、自分にふさわしくて、その大学なら自分の力を存分に発揮できるということを、理由も含めて書く必要があるのだ。

よりよいものを書くために

内容がある程度確定したら、とりあえずは書いてみて、自分で何度も推敲を行わなければいけない。しかし、高校生が自分で推敲しただけでは、自分の誤字脱字や、論の矛盾には気づけないことが多い。そこで必要となるのが添削だ。今は、添削専門の、しかも志望理由書のための通信講座あり、それを活用することがより良い手段となっている。家族や高校の先生は、個人的なことを知りすぎているため、誤字脱字には気づけても、志望理由の矛盾などには気づきにくい。その点、顔も知らない添削者は、非常に冷静に文章と個人を分析し、的確な指摘をしてくれる。より良い志望理由書を書き、志望大学合格を勝ち取るには、通信講座による添削が、今や必要不可欠なのだ。